医療資格

緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首筋の凝り、張りから生じる日本人に多い頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛み」「ズドーンと重苦しいような酷い痛さ」と表現されることが多いようです。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない人にも使用可能な医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスに応じて対応することで、心室細動に対する応急処置の効き目をいかんなく発揮します。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横たわっていても燃えてしまうエネルギーのことで、その半分以上を骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳で消費していると考えられているようです。
平成17年から新しく特保(トクホ)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との日本語の文章の表示が義務化している。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重が飲み食いや排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上がるのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があるため大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報を損壊させたりして、皮膚に悪い影響をもたらすのです。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや能動喫煙・お酒を毎晩飲む事・脂肪過多などのライフスタイルの悪化、ストレス等により、いま日本人に増加している病気だといえます。
なんとなく「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「排除しなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言えば、私たち人間は多種多様なストレスを感知するからこそ、活動し続けることができます。
毎日ゴロンと横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履いたりという習慣的なことは身体の左右の均衡が乱れる原因となります。
侮ってはいけないインフルエンザに適応している予防の仕方や医師による手当など必須の対処策というものは、それが例え季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであっても同じです。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経の調節や痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒現象などを操っていて、大うつ病に罹患している人ではその動きが低減していることが科学的に判明している。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常により引き起こされる発疹・発赤で、分泌が乱れる要因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の不足などが挙げられます。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに変わり、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種になるため、病院などの医療機関で注射してもらう個別接種の形になっています。
脂溶性のビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを促進する機能が特に認知されており、血液の中のCa濃度を操り、筋肉の活動を操作したり、骨を作ったりします。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、3〜4日薬を飲めば、一般的に約90%の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道の粘膜のダメージや炎症が根治したわけではないので気を付けましょう。